失明の一番の原因といわれる緑内障の進行を止める

2つの原因

目元を触る人

飛蚊症という病気を知っている人は少ないでしょう。目の前に白や黒の線や点がぼやけて動いている場合はその可能性があります。生理的な理由や病気が原因でこの飛蚊症を発症します。

もっと見る

白内障と緑内障

眼

大阪で目の病気というと多くの人が白内障や緑内障を思い浮かべるでしょう。これらは別々の症状なのですが、白内障が酷くなった場合は緑内障を引き起こす可能性があるのです。年に一度検査をするといいでしょう。

もっと見る

眼圧を下げる

瞳

失明の原因として一番多いのが緑内障だといいます。緑内障という病気になると視野が狭くなったり一部分が見えなくなってしまったりします。それが進行するとどんどん見える範囲が狭くなり最後には失明してしまうのです。大阪にある眼科では緑内障治療のために眼圧を下げる目薬を処方しています。この病気の治療では眼圧を下げて神経に障害が起こらないようにするということが大切だからです。眼圧を下げるために点眼薬を使い続けて症状の進行を妨げています。1つの点眼薬で充分な効果を得られなければ、種類を変えてみたり複数の点眼薬を追加して様子をみるのです。また、大阪の眼科のなかには点眼薬でも緩和できない症状の場合にレーザーで治療をするという手があります。大阪にある眼科で行なう緑内障のレーザー治療は、虹彩と呼ばれる目の茶色い部分に小さな穴をあけて、虹彩の根本となる部分を広げるというものです。このレーザー治療は比較的に痛むことがなく日帰りで行なうこともできるのです。もちろん、その進行度合いによっては手術やレーザー治療を複数回重ねる必要もあるようです。大阪の眼科で緑内障のレーザーや手術を受けたあとは目をこすったりぶつけたりしないよう気をつけましょう。術後の目の状態はデリケートになっているので、そういったことをしてしまうと不衛生になって菌が入ってしまう可能性もあります。緑内障かも知れないと感じたら症状を早めに抑えるためにもすぐに大阪の眼科を訪ねましょう。

レーシックと治療のレーザー

病棟

レーシックを受けると飛蚊症になるという噂がありますが、それはまだはっきりと繋がりが決まったわけではありません。そんな飛蚊症の症状を和らげるためにレーザー光を使った治療が行なわれています。

もっと見る