失明の一番の原因といわれる緑内障の進行を止める

2つの原因

目元を触る人

物を見ているときに目の前に黒や白の線が行ったり来たりしていることがあります。こういった症状のことは飛蚊症と呼ばれており、これには生理的な原因や加齢、眼病などの可能性があるのです。まず、生理的な飛蚊症と呼ばれるものの原因に付いてですが、この場合は重大な症状ではないので心配はありません。しかし、放置してしまうことで組織が変質して網膜裂孔や後部硝子体剥離といった眼病を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。硝子体と呼ばれる部分が変質してその中の繊維組織が壊れてしまうと、水の塊ができてしまいそれがどんどん大きくなってしまいます。そうなると硝子体の全体が収縮して網膜から剥離し、後部硝子体剥離になってしまうのです。そうなる前に飛蚊症のことを眼科の医師に相談しましょう。
また、糖尿病性網膜症という病気や網膜中心静脈閉塞症というものになってしまうと網膜の血管が詰まってしまうことがあります。そうなると血液の廻りが悪くなり、脆くて壊れやすい新生血管が硝子体の中へと伸びてしまいます。それが強く引っ張られて硝子体出血を引き起こすと飛蚊症になるのです。それと同時にものが霞んで見えるようになったり、視力が低下したりすることもあるようです。この他にも、飛蚊症の症状をいろいろな眼病と繋がっている可能性があるので、気になる場合は眼科で相談しましょう。眼科なら薬物での治療や網膜剥離の手術で症状を和らげることができます。また、その対策方法も教えてもらえるでしょう。