失明の一番の原因といわれる緑内障の進行を止める

白内障と緑内障

眼

目の病気として大阪でもよく知られているのが白内障や緑内障です。この2つの病気は全然違うものなのですが、併発してしまう場合があるのです。まず、白内障というのは目の中でレンズの役割をしている水晶体という部分が濁ってしまうという病気です。水晶体が濁ってしまうと外からの光が網膜に届きにくくなり、その結果視界がぼやけたり霞んだり、視力が低下してしまう恐れがあるのです。一方、緑内障というのは神経系に障害が起きて発症するとされており、ほとんど自覚症状がありません。だから、気付かずに過ごしている人も多いのですが、これを放っておくと失明してしまう可能性が大きくなるのです。緑内障の症状を和らげるためには点眼薬で眼圧を抑えたり、手術やレーザーで外科的な処置をする必要があります。しかし、大阪の眼科で治療をしても視界が元通りになるわけではないので進行する前に対策をとったほうがいいでしょう。
大阪の眼科ではこれら2つの症状が一緒に出てることもあるといいます。白内障が進行してしまうと、水晶体が次第に膨らんでしまい虹彩を後ろから押し出してしまうのです。そうなると尿道の通り道が狭くなり眼圧が上昇して緑内障へと繋がってしまいます。そんな緑内障を引き起こす原因にもなる白内障は加齢によって誰でも引き起こす可能性がある病気です。ですから、だいたい40歳を過ぎた人は大阪にある眼科で年に一度検診を受けてみるといいでしょう。そうすることで、白内障の早期発見だけでなく緑内障の危険性も少なくすることができるでしょう。