失明の一番の原因といわれる緑内障の進行を止める

レーシックと治療のレーザー

病棟

視力矯正のための手段として最近流行っているのがレーザーを使うレーシック手術です。レーシック手術で視力を矯正する場合、レーザーで角膜を削らなくてはいけません。そうやって角膜を削ることでカーブの形を整えて近視や屈折異常を矯正しているのです。このレーシック手術では水晶体や網膜へ圧力が加えられるので、飛蚊症を発症してしまうという説もあるのです。飛蚊症というのは目の前に黒や白のゴミのようなものが揺れ動いているという症状で、生理的な原因と病的な原因のものに分けることができます。病的なことが原因になっている場合はレーシックを受けることはできませんが、生理的な飛蚊症の場合はレーシックをすることができます。また、その治療を受けた人のなかには生理的な飛蚊症の症状が和らいだという人もいます。ただ、このレーシックと飛蚊症の因果関係はまだ立証されていません。
飛蚊症が気になる人はレーシックではなくレーザー治療を受けてみるといいでしょう。この飛蚊症のためのレーザー治療を受ければ、まだ発症していない網膜剥離を予防することができるのです。破れてしまった網膜の周囲をレーザーを使って焼きそうやって綺麗に定着させます。そうすると網膜裂孔の拡大を抑えて網膜剥離を起こらないように抑えることができるでしょう。飛蚊症のレーザー治療をする前には麻酔の入った点眼薬を使用します。しかも、手術は約10分程度という短い時間で終わることができるのです。飛蚊症治療のレーザーはこのように網膜剥離を予防する目的のものと、ゴミや濁りを分散させることのできるレーザーというものがあります。